十二人の死にたい子どもたち

集団での対話における、個々人の態度について。
会議や討論などの対話の場面において、どのような態度をとり、どのような役割を担うことになるか……そこに、その人の人間性が大きくあらわれるような気がする。

『十二人の死にたい子どもたち』は、十二人の少年少女による、会話劇主体のミステリー。「集団安楽死」という”大きな選択”をするため、廃病院に集まった子どもたち。ところがそこには、いるはずのない十三人目の死体が。
十三人目は誰なのか。なぜここにいるのか。このまま“大きな選択”を実行してしまっていいのか。議論を重ねる彼らの行く末は……。

という感じで、ミステリーやサスペンス、謎解き系が好きな方にまずおすすめ。また、タイプの違う少年少女たちの心理や関係性が描かれるので、ちょっと変わった青春モノやジュブナイルが好きな方も楽しめそう。

ミステリーらしく、廃病院内の手がかり探索パートや、探偵役による情報整理パートなども楽しめますが、一番おもしろかったのはやはり議論のパート。
導入部では、性格・家庭環境・死にたい事情もバラバラの十二人が、“大きな選択”をまえに一致団結している。ところが、謎の十三人目の登場で話がこじれだす。再び一つになろうと、議論すればするほど、かえってわかりあえなくなっていく。
とくに、それぞれの死にたい理由を話す場面は秀逸で、誰かの切実さがふいに誰かを傷つけることに、ハッとさせられる。

そして議論する際の、個々の態度の違いも絶妙。
リーダータイプの中でも、淡々と役割をこなす者、穏やかにみんなを誘導する者、やや強引にまとめあげる者など、さまざま。コミュニケーション下手なタイプでも、浮くのがわかっていて主張を止められない者、注目を浴びるだけで吃ってしまう者、無言を貫いて乗り切ろうとする者etc……。
細かく書き分けがなされていて、リアルでした。“こういう人、いる!”とか、“自分はこの中だとこのタイプかも”とか、自然と考えさせられる。(そして、ちょっと複雑な気分になる……)

ちなみに、私が十二人の中で一番共感した(してしまった)のは、12番のユキ。一番好きなのは6番のメイコです(いっそ清々しいので)。

これを書いている今、2019年1月6日ですが、公開を約3週間後に控えた実写映画も話題になっています。若手俳優によって演じ分けられる十二人の姿、楽しみでなりません。最近ハマっている杉咲花さんも出るし!

十二人の死にたい子どもたち
冲方 丁著/文春文庫

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP